降圧剤の作用や使い方について

高血圧症の人は薬によって症状を改善するという方法があります。
そのときに降圧剤という薬が使われることが多くなっています。
降圧剤を投与するときには、合併症のない高血圧症の場合には、第1選択薬である利尿薬などの中から1つを選んで少量使うことから始めます。
ここであまり作用が見られないという場合には、ほかの降圧剤に変更します。
効果が弱いというときには増量したりほかの種類の薬を併用して投与します。
小浮圧賞の賞状がひどいという場合の薬の使い方としては、少量を2剤併用しても良いことになっています。
降圧剤の配合剤は保険適用の際には第1選択薬とされています。
2剤併用をしてもその作用があまり見られないというときには3剤を併用します。
また朝に服用している薬を夜に変更したり、就寝前に追加投与するということも場合によっては行われています。
血圧が下がる速度は数ヶ月程度で目標を達成するくらいの緩やかな速度が理想となっています。
血圧調節機能が弱くなっている高齢者への投与の際には注意が必要です。
実際に病院で処方されている降圧剤の種類は7つあります。
基本的な作用は血圧を下げることですが、それ以外の効果が実証されている物もあります。
実際に服用するときには、使い方をしっかりと守り患者にあった薬を選ぶようにします。
最も多く処方されている処方薬はカルシウム拮抗薬になります。
これはカルシウムイオンによって筋肉が収縮し、これをブロックすることで筋肉を弛緩させて血管の収縮を妨げます。
その結果血圧が下がるようになっています。
使い方としては服用を開始すれば高圧目標を常に心がけるようにします。
そして1剤で効果が不十分の場合には、増量したり併用したりして調整していきます。

ページトップへ